飼い主さん安心のペットホテル・わんちゃんホーム公式サイトです

 
わんちゃんとの暮らしを楽しむためのわんちゃんホーム流アドバイスをご紹介します
 

犬を飼う前に

 これから、犬を飼おうと思っている方は、きっとご家族で何度も話し合って結論を出す事でしょう。
 その、結論を出す前に少しでも参考になれば幸いです。
・飼いたい犬種は決まっていますか?
・家族の誰が中心となってお世話しますか?又は一人暮らしですか?
・飼いたい犬種の予備知識はありますか?
・環境は整っていますか?
 犬を飼ったなら、少なくとも10数年1日の休みもなくお世話がつづきます。
人間の子供と一緒です。お仕事で残業や急な出張・転勤お酒や食事のお付き合いもあるでしょう。
 旅行にも行きたい、そのような事も含めて考えて見て下さい。
 また、子犬はどの犬種でも愛くるしく可愛いいです。成犬になった時の大きさを把握しないで、こんなに大きくなるなんて・・・って事も実は少数ではありますが、実際にあります。
• 絶対に衝動買いをしない。
• 流行で犬種を選ばない。
 最近では某電話屋さんCMに登場したことでポメラニアンの人気が再燃しています。でも、ポメラニアンは個体差が有りますが陽気で遊び好きの反面、警戒心も強くよく吠えます。骨も華奢で骨折もしやすい犬種です。お年寄りや小さなお子様のいる家庭・更には集合住宅の様な住環境では不向きかも知れません。犬なのでまったく吠えないようにしつける事は難しいかもしれませんが、ある程度はしつけで緩和できる場合もあります。
 絶対にダメと言う事ではなく、それぞれの犬種がもつルーツと特性を理解して家族に迎えてあげれば良いでしょう。
 また、犬を衝動買いする方は本当に稀だと思いますが実際に経験した事としてご紹介しましょう。ペットショップのケースの中の子犬が可愛くて、店員さも気軽に抱っこしてみませんか?と言われるままに、その彼女は抱っこしました。見事に、お店側の思惑にハマってしまった彼女はその場で、ひとり暮らしでペット不可のアパートと言う事も忘れて買ってしまった。初めは、内緒で飼っていましたが直ぐにバレました。退居か手放すかの二択しか有りません。頼みの綱・実家にも拒否されてしまいました。泣く泣く、子犬を手放す事になりました。この様な結果は、人も犬も不幸になります。何よりも、迎えるのは犬でも心を持った尊い命なのです。(奈)

 
 

 四季を通じての犬の健康管理 

春:
 最も新陳代謝が活発な時期。体温調節もしやすく寒さで身体を丸める事も少なくなりぐっすりと眠れる時期です。人間にとって快適な時期は犬にも快適なのです。
 この時期は換毛期になり、防寒対策で密集していたアンダーコートは抜け落ちオーバーコートが伸び始めるので抜け毛がたくさん出ます。抜け毛には、ノミ・ダニが住み着きやすく皮膚病の原因(アレルゲン)になります。小まめに掃除し天日干しして、乾燥させます。
この時期は特に丁寧にブラッシング・シャンプーをしましょう。犬種にもよりますが、シャンプーは3週間に1回くらいが適当で洗いすぎは必要な皮脂も流れてしまい、バリヤ機能を損ないます。これも又皮膚病の原因になります。 
 
夏:
 気温の上昇と共に湿度も高くなり犬にとっても不快また危険な時期です。
 特に梅雨時期の湿度は人間も不快この上ありません。犬は汗腺が肉球にあるくらいで体温調節は唾液を気化させて行います。そのため、暑い時期にハァハァと呼吸が荒くなるのです。湿度が高いと温くて湿気がどんどん入ってくるので気化できず、体温が下がらなくなり熱中症の危険が増します。風通しを良くしても、温度・湿度が高い時はエアコンや扇風機などを上手に使って室温管理してあげましょう。
 
秋:
 春と同様過ごしやすい日が増えて来ます。夏バテで落ちた食欲も戻ってきます。同時に夏の疲れも出て来て、犬が一番体調を崩しやすい時期でもあります。せっかく、無事に夏を乗り切ってもジワジワと秋口に夏バテのような症状が出てくることがあります。これは、別名クーラー病です。人間も身体が冷えると様々な不具合が出てくるのと同じで犬も同じなのです。外気と室温の差がありすぎる、温度差のある所への出入りが多い場合などは注意です。温度を外気と1~2℃下げ、湿度に気をつけるように心がけます。
 
冬:
 犬は暑さよりは寒さの方が耐えられます。お腹さえ冷えなければ差ほど寒さは感じないようです。毛布や布団、犬用ベッドなど設置すれば自分で潜ったり包まったり自分で寒くないようにするものです。極寒のような状況下でない限り暖房器具は必要ないのです。
 犬のみのお留守番時、暖房をどうするか悩む飼い主様も多いのではないでしょうか。最近では、犬用の腹巻もあるようです。サークルやケージ内の床・側面などにスチロール剤を入れる、毛布で覆ってあげるだけで寒さは大分緩和できます。
 
こうしてみると、ペットとの暮らしは1年中試行錯誤の連続です。